HOME >> 耐震・リニューアル設計

耐震・リニューアル設計

耐震設計

長年の経験で蓄積された各種多彩な工法の中から、お客様のニーズとその建物に合わせた最善・最適な耐震補強設計を提案いたします。

また、当社では総合的なリニューアル設計を行っていますので、お客様からのヒアリングのもとづいて、使い勝手等を考慮しながら補強方法をご提案する事が可能です。

既存建築物の耐震改修について

1980年(昭和55年)に建築基準法施行令の構造規定が大改正されて翌1981年(昭和56年)に施行されました。その後、阪神大震災(1995年)が起こり、この時の被害状況に基づいた新々耐震基準が2000年(平成12年)6月1日に施行されました。

このような背景から、これ以前に竣工した建築物は震度6以上の大地震に対して現行設計法による建築物と比較して、耐震性能が劣っている傾向があり耐震診断の結果として耐震補強が必要となる場合が多いのです。また、竣工時に適法であった建築物も経年により材料強度は劣化します。

つまり、既存の建築物に対して増築など大規模な模様替えを行う場合に、既存部分が「既存不適格建築物」の適用として法規制上の制約を受けることとなり既存部分を現状よりも耐震性能において、改善する必要があります。

耐震・リニューアル設計

多種多様な建築物のリニューアル設計及び、行政相談など、既存の建物を長く快適に使用していただくための、設計業務を一貫して行います。

既存不適格建築物を合法的に改修するための提案をいたします。

既存不適格建築物とは … 新築時には合法であったものがその後の法律改正により、現行法規にそぐわない状態になった建築物

Tビルリニューアル

Tビルは東西に長い敷地で、東西それぞれ道路に面しています。

元々は鉄筋コンクリート造7階建の雑居ビル(事務所・共同住宅)です。2009年に購入されたオーナー様のご依頼により1〜4階事務所(1フロアー≒100u)、5〜7階をメゾネット形式の専用住宅に全面リニューアルしました。

昭和63年(1988年)の竣工で、新耐震設計(昭和56年(1981年)の法改正以降に設計された建築物)ですが、設計図書一式で検証した結果、耐震補強の必要性有りと診断させていただきました。

間口の狭いビルで構造設計者の意見もわかれる判断でありますが、オーナー様に進言し、震度6強で崩壊しないレベルを目指す事で承諾合意にいたりました。

2011年3月11日の東日本大震災(東京都震度5弱)においても、全く異常はなくオーナー様からは、耐震補強をして良かったと感謝の言葉をいただきました。

リニューアル設計

A邸内装リニューアル

A邸は築20年、10階建のマンションの2階部分の一室(70u)です。
定年を迎えたご夫婦が生活様式の変遷を経て、さらに暮らしやすい間取りにしたいとのご要望から計画がスタートしました。将来賃貸する可能性も考えて、内装・設備を全て撤去してスケルトンにし、3LDKを1LDKへリニューアルしました。
どこのマンションでも同じですが、マンションリニューアルにおいては、共用部分は改修する権利がないため、下記のような問題が発生します。

  • ・トイレ、浴室、キッチンなどの排水勾配がとれない。
  • ・既存の梁貫通が不足していて換気、空調計画が複雑になる。
  • ・エアコンの室外機置場が変更出来ない。

諸所の問題点を設計者本人がそこに住まうかのような思いで解消し、オーナー様の本音にせまる繰り返しのヒアリングと設備を含めたトータル設計により機能的でかつ新しいデザインで、竣工に導くことが出来た成功例です。

  • BEFORE/AFTER

ページトップ